ボウリング場での一人練習は恥ずかしくない!効率的な練習方法や頻度など!

友達とボウリングに行ったけど、へたくそすぎて恥ずかしい・・・

よし!!

練習だぁ~!!

でも、一人でボウリング場で練習するのは恥ずかしいし・・・( ノД`)シクシク…

と悩んでいるそこのあなた!!

大丈夫ですよ♪恥ずかしくないです!

意外と皆さん、一人で練習しています^^

そして、ボウリング場にいる人たちはボウリングが好きな方がたーくさんいます^^

上手な方が教えてくれたりすることもあるかも・・・( ̄▽ ̄)

今回はボウリングがうまくなりたいあなたのために効率的な練習方法や回数・頻度についてご紹介します^^

ボウリング場での一人練習は結構皆やってる

ボウリング場を見回すと、結構おひとり様っています。

中にはものすごーーーく上手な方もいますが、そうでもない方もちらちら・・・(⌒∇⌒)

ボウリングってチームプレーではないので、個人のスキルがどれだけアップするかが大切ですよね^^

そして、ボウリング場にいる方はもし、あなたがへたくそでガーターばかりでも『自分も昔はあんなだったなー』くらいに思っていますよ^^

みんな最初は初心者です!

練習をしないと上手にはならないのです・・・

 

ネット上ではこのような書き込みもありました・・・

ボウリング、一人で行きますよ~

マイペースで練習できるので、嬉しいです。

ボウリング場スタッフに嫌がられたりなんて、全然ないし。

心配いりません。楽しんできてくださいね!

 

 

数年前までよく友達とボウリング場に行っていました。

一人でボウリングしている女性もいましたよ。

マイボールを持ったプロっぽい人で、とても上手でした。

料金は一人あたりだったと思うので、混んでいる時間にレーンを占領してしまうと、落ち着いてプレイできないかも知れません。

空いている時間帯(平日の昼間や休日の午前)に行くのがお薦めです。

 

空いている時間帯のアドバイスまでしてくれていますね^^

一人で行く場合は空いている時間帯を狙って行くと、練習に集中できますね。

初心者こそボウリング場で一人練習すべき!

一人で練習メリットは争う相手がいないので、スコアに気を取られないことです^^

友人と行くとどうしても勝ち負けに少なからず意識がいってしまい、投球が雑になってしまいます。

一人で練習することでスコアよりも投球フォームの確認、自分にあった投球スタイルを極めるなど投球に集中して練習をすることができます!

一球一球丁寧に投げることを意識して練習してみましょう。

それにお仲間と一緒じゃないということは始めるタイミングも終わるタイミングもあなたの自由!

1ゲームで疲れちゃったり、なんか調子悪いな〜って感じでしたら気兼ねなく終わらせて帰ることもできますょ☆

スポンサーリンク

効率的な一人練習方法

まずは何よりスコアを気にせず、一球一球丁寧に投げることです。

投球をイメージし、一回一回投げた後に自分の思い通りに投げられたかの確認を行いましょう。

そばであなたの投球が終わるのを待っている人はいません。

じっくりじっくり投げていけば良いのです。

 

肝心の投げ方ですが、初心者の方はまずストレートボール(ボールをまっすぐに投げる)から覚えましょう。

簡単な投げ方は以下の通り。

  1. ボールを投げてみる。どちらに曲がるか確認する。
  2. ボールの少し外側に手の位置を持ってくるように意識しておく。
    手の位置は自然と体の内側に入りやすくなります。なので、ここで意識的に修正しましょう。
  3. 球をゆっくりと投げてみる。
    最後までしっかりと手の位置を意識できれば問題なく投げられるようになります。
    ※一人だと手の位置の確認や投球フォームの確認がしやすいですよね?^^
  4. 助走をつけてみる。
    助走をつけて投げてボールが曲がるときはゆっくり歩いてみましょう。
    歩いているときに方向が曲がっている可能性があります。

詳細はこちらの記事をご覧いただければと思います☆

ボーリングの助走徹底解説!スピードやリズム、方向は斜めが一番?

ボウリング場に練習に行く頻度

何度も行くとお金もかかりますよね・・・

まずは、ご自身の体調を加味して週に一回でも行ければよいでしょう。

行けないときは自宅で練習するとよいですよ。

自宅だと毎日練習できますよね?

全身を映す鏡があれば、自分の投球フォームの確認ができます^^

ない時は窓ガラスでも代用可(笑)

大事なのはあまり根を詰め過ぎてしまわないこと。

友達に良いところ見せたいという気持ちはよくわかります!

が、あまり頑張りすぎてしまいますと長続きせず楽しくなくなってしまうという恐れもあります。

行けそうなときは週に一回ボウリング場へ。

おうちで暇なときにちょっと自宅でフォームの確認をしてみる。

そのくらいのゆるさが重要です☆

スポンサーリンク

自宅でも出来る練習

ボウリングはスイングが命!

このスイングがうまくできれば、まっすぐにボールを投げたり、上達すればカーブなどの変化球もできるようになります。

スイングの際、助走の1歩目を踏み出すと同時にボールを前方に出すという動作が大切!!

ボールを前に出すと自然と重さで腕が下に落ちますよね。

この力を利用してスイングすることで、きれいな振り子のような動きになります。

自宅では廊下があれば、助走も取り入れて、このスイングを行って下さい。

何時でも同じように安定したスイングができるようになりますよ◎

廊下がない時はその場で足踏みも可!

この時は先にも記載しましたが、全身を鏡で映してフォームを確認して下さいね♪

まとめ

今回はボウリング場での一人練習についての記事でした^^

練習を重ねると、上達も早いですよ!!

そして、一人でいると同じく一人で練習をしている人に声をかけられて、お友達になれたー(⌒∇⌒)なんて声を口コミで見つけました♪

ボウリング場にいる人はみんなボウリングが好きな人ですので、恥ずかしいことはないですよ^^